青春観測88マイル

オタクの記憶の記録

ポケビ一夜限りの復活とウリナリ世代の思い出

毎年この時期恒例の日テレ放送「24時間テレビ
今年は昨日今日の2日間の日程で放送されているわけですが、まぁこの番組についてはさておき。
ジャニオタとしては今年メインパーソナリティーであるセクゾについて書きたいところではありますが、すみません、今回は昨夜18年ぶりに一夜限りの復活をした「ポケットビスケッツ」について、どうしても気持ちが高ぶってしまったためここに記しておこうと思います。

ポケットビスケッツについてはどこよりも「ポケットビスケッツ - Wikipedia」が詳しいので「ポケビってなんぞや?」って方はこちらを見ていただくとして(そもそもここを読んでくださる方は、リアルタイムで知っている層の方が多そうではありますが)(そして早くも2018年8月25日一夜限りの復活が付け加えられている)

自称ウリナリ世代ど真ん中である私にとって、昨夜のパフォーマンスは久々にほんとーーーーーーーに胸が熱くなり、純粋に嬉しさでたまらん気持ちで見ていました。
この日のためにウッチャン、ウドちゃん、千秋の3人がまた集まって事前に練習したこととか、なんかそれを考えただけでもワクワクするというか、当時毎週楽しみにして見ていた番組のことを思い出した次第です。

3人とも年齢を重ねて、プライベートでもそれぞれ変化のあった18年間だったとは思いますが、そんなことは感じさせないくらい昔のままの記憶が鮮明に蘇ってきた人は多かったんじゃないでしょうかね。ただの「懐かしい」の一言では済まされないというか…
恐らく、それだけ当時のポケビウリナリという番組の知名度ウンナンの影響力、それを可能にしたいわゆる「テレビの力」というものが、まだ残されていた時代だったからこそ、自分自身これだけ強くインプットされてるし何年経っても忘れないのかもしれないなぁとも感じました。
それと同時に、あの時のテレビをリアルタイムで見て、知って、その面白さを目の当たりに出来たことも今となっては貴重なことなのかもしれないです。

何故今年このタイミングで復活したのか、オファーを受けた理由としては多分ウッチャンのコメントにもあった「学生時代の友人たちが」の一言に尽きるんじゃないでしょうか。企画名目としてはみやぞんの応援ではありましたが…いや、ウッチャンはみやぞんとも関わりありますけど。
ナンチャンが今年24時間テレビに関わったからこそ実現した企画だろうし、最近はめっきりコンビでテレビに出ることもなくなったウンナンではありますが、なんだかそこにいまだ繋がっているコンビ愛的なものを勝手に感じ取ったウンナンファンです。(出川も忘れてないよ!)

千秋の歌唱力は全く衰えていなかったし、ウッチャンのピアノ演奏も相変わらずハラハラしたし(モテないブラザーズ2人はもはや既婚者)、ウドちゃんは千秋も言ってた通りブレないポンコツっぷり(誉め言葉)だったし、復活は短い時間ではあったけど久しぶりに昔のテレビを思い出した昨夜の出来事でした。

☆☆☆
ポケットビスケッタ - Google 検索
懐かしいなー持ってたなー
今ならスマホアプリとかになるのでしょうかねぇ。
今の時代だと番組企画としてそんなに予算を持てないのかもしれませんが…

NAKED MAN in札幌レポ

2/11(土)に鈴村健一氏(以降鈴と呼びます)の単独ライブ「NAKED MAN」の札幌公演に行ってまいりました~。
ジャニネタ一色の過去ログの中、突如現れる声優ネタ。
長らく声優界隈から離れていた身ではあったけど、ライブに行ってみて感じたことや思ったことをせっかくなので今回ここに備忘録として記しておきます。
なので、タイトルにレポと書いてますけど、お役立ち情報は皆無の声優オタOG的人間の感想文となりますw


《以下、自分の声優オタクスペック》
・声優にハマった当時狂ったようにネトラジを聞きまくり、声優本人出演の作品イベントに参戦していた過去あり。

・しかし、いわゆるフェスや本人名義のライブなどに行ったことはない。

・ここ数年はその世界からすっかり遠ざかってしまい、最近の若手声優に関しては無知。好きな声優情報も全く収集していなかったため、最新の話はほとんど知らない。

・鈴を認識して好きになったきっかけは、銀魂アニメとときメモGS2。この2作品についてwikipediaで調べたら、奇しくも同じく2006年にスタート&発売された作品だったようで、そう考えるとちょうどこの時期から声優ハマり期だったように思える。

・最後に鈴を見たのは、2013年に開催された銀魂銀幕前夜祭り。

・鈴のキャラソンは聴いてきたけど、本人名義で歌っている曲で知っているのは当時聴いていた「box universe」収録曲のみ。なので、今回のライブで歌うであろう曲は全く知らない素人。


という状態の者が、ライブに行って果たしてどうなるのか!?そもそもこの行動自体が無謀なのでは!?!?
とドキドキして当日を迎えたワケですが、結論から言うと、久々に声優を間近で見られて非常に濃い時間を過ごさせていただきました。
会場がライブハウスだったため、過去参戦したイベント会場と比べて小さい箱ということで、どんなに後方でも全然近くで見れちゃう距離。いつもの感覚で双眼鏡なんて持っていったら恥かいたねw

いやー…すごかった。なにがって、42歳声優・鈴村健一の持つパワーと勢い!
自分が42歳になった時、あんなに元気にステージで歌う体力絶対ないw
まぁ、着替えもないし踊りもないので速さ的なものは要求されないにしても、長時間立ちっぱなし歌いっぱなし話しっぱなしって相当体力消耗するので、そう思うと見えない努力をきっとしているんだろうなぁと想像しちゃう。

予想通り知っている曲はほとんどなかったものの、聴いていてじんわり来るというか「あー…そうそう、鈴の歌声って単に上手いだけじゃなくて天まで届くような心地良さがあるんだよね」と、昔キャラソンで感じていたことを、生の歌声を聞きながら贅沢にも反芻して思い出しておりました。

持ち前のトーク力とちょっとした小ネタやイベントも挟み、歌以外の面白さと楽しさを提供するサービス精神で溢れていて、企業努力じゃないけど、維持向上していくにはこういう積み重ねって本当に大事だよなぁと…昔はこんな見方したことなかったけど、これも1つに私も年を取ったと言うことでしょうw


年齢と言えば、最後の方でさながらエイトコンのエイタークラスタ呼びかけの如く、鈴が「10代の人~」「20代の人~」って年齢で区分けしながら呼びかけて手を挙げていくくだりがあったんだけど、私の目視による当日のファンの年齢層は

・10代 20%
・20代 65%
・30代 10%
・40代以降 5%

だったように思える。10代20代で8割以上を占める鈴ファン。わ、若いぜ…
グッズ売場や入場前にも、皆さん若そうだな…?会場から上がる声のトーンが高くて、私あんな高い声出せないよ…?と感じていたんですけど、このくだりの時に「どうりで!!」と合点がいった久々のオールスタンディングに怯えていた30代です。(翌日しっかり筋肉痛発症)

あと、あの昔と変わらない思いっきり笑った時のクシャっとした顔ね。
あれにやられるファンは今も多いのでは…?声優界の神スマイル5本の指には入ると思う。

42歳声優・鈴村健一の持つ、衰えぬパワーと勢いを、再び強く感じざるを得ない瞬間でございました。


購入したアクリルバングルとマグカップ↓
f:id:yuzukeyn88:20170213002753j:plain
バングルは、今回ペンライト代わりのグッズだったので買ったのですが、皆さん結構過去のライブグッズだったと思われるスタンダードなペンライト(サイリウム)を持参されていましたね。
ペンライトでの合いの手?ノリ方?が、なんとなくバンド系フェスと二次元イベントやライブが融合した雰囲気で、ジャニコンにはないリズムの取り方が新鮮でした。


初の声優ライブ参戦は、遠ざかっていた懐かしい記憶を呼び起こしてくれて、すごく刺激を受けた楽しいひとときでした~!

キスマイアリーナツアー開催決定!

あれ?ドームは?という疑問がすぐに浮かぶところではありますが、ひとまず今年もツアーがあるということで今からひっじょ~に楽しみ!
しかも、久々に我が地元にキスマイがやって来る!!
キスマイファンになってから、すぐにドームツアーが始まったので地元で彼らを見たことがなかったのです。
毎年東京遠征して、それはそれですっごく楽しかったのですが、ドームよりももっと近い距離で7人を見れるかも!?と思うと今からドキがムネムネですな。

アリーナだと目下気になるのはチケットの倍率…
アリーナツアーをしていた数年前よりも今の方が当然ファンクラブ会員数も増えているだろうし、地元で一体どれくらいの倍率になるのか未知すぎる。
まぁ、こんなことgdgd考えていてもしょうがないので、とにかく不備がないよう申し込むのが、今出来る最善のことですね。

それにしても我が地元、4月はNEWS、WEST、セクゾ、そして5月はキスマイとジャニーズ繁忙期ですw