青春観測88マイル

オタクの記憶の記録

ポケビ一夜限りの復活とウリナリ世代の思い出

毎年この時期恒例の日テレ放送「24時間テレビ
今年は昨日今日の2日間の日程で放送されているわけですが、まぁこの番組についてはさておき。
ジャニオタとしては今年メインパーソナリティーであるセクゾについて書きたいところではありますが、すみません、今回は昨夜18年ぶりに一夜限りの復活をした「ポケットビスケッツ」について、どうしても気持ちが高ぶってしまったためここに記しておこうと思います。

ポケットビスケッツについてはどこよりも「ポケットビスケッツ - Wikipedia」が詳しいので「ポケビってなんぞや?」って方はこちらを見ていただくとして(そもそもここを読んでくださる方は、リアルタイムで知っている層の方が多そうではありますが)(そして早くも2018年8月25日一夜限りの復活が付け加えられている)

自称ウリナリ世代ど真ん中である私にとって、昨夜のパフォーマンスは久々にほんとーーーーーーーに胸が熱くなり、純粋に嬉しさでたまらん気持ちで見ていました。
この日のためにウッチャン、ウドちゃん、千秋の3人がまた集まって事前に練習したこととか、なんかそれを考えただけでもワクワクするというか、当時毎週楽しみにして見ていた番組のことを思い出した次第です。

3人とも年齢を重ねて、プライベートでもそれぞれ変化のあった18年間だったとは思いますが、そんなことは感じさせないくらい昔のままの記憶が鮮明に蘇ってきた人は多かったんじゃないでしょうかね。ただの「懐かしい」の一言では済まされないというか…
恐らく、それだけ当時のポケビウリナリという番組の知名度ウンナンの影響力、それを可能にしたいわゆる「テレビの力」というものが、まだ残されていた時代だったからこそ、自分自身これだけ強くインプットされてるし何年経っても忘れないのかもしれないなぁとも感じました。
それと同時に、あの時のテレビをリアルタイムで見て、知って、その面白さを目の当たりに出来たことも今となっては貴重なことなのかもしれないです。

何故今年このタイミングで復活したのか、オファーを受けた理由としては多分ウッチャンのコメントにもあった「学生時代の友人たちが」の一言に尽きるんじゃないでしょうか。企画名目としてはみやぞんの応援ではありましたが…いや、ウッチャンはみやぞんとも関わりありますけど。
ナンチャンが今年24時間テレビに関わったからこそ実現した企画だろうし、最近はめっきりコンビでテレビに出ることもなくなったウンナンではありますが、なんだかそこにいまだ繋がっているコンビ愛的なものを勝手に感じ取ったウンナンファンです。(出川も忘れてないよ!)

千秋の歌唱力は全く衰えていなかったし、ウッチャンのピアノ演奏も相変わらずハラハラしたし(モテないブラザーズ2人はもはや既婚者)、ウドちゃんは千秋も言ってた通りブレないポンコツっぷり(誉め言葉)だったし、復活は短い時間ではあったけど久しぶりに昔のテレビを思い出した昨夜の出来事でした。

☆☆☆
ポケットビスケッタ - Google 検索
懐かしいなー持ってたなー
今ならスマホアプリとかになるのでしょうかねぇ。
今の時代だと番組企画としてそんなに予算を持てないのかもしれませんが…